まも 抜糸。 




    ご心配おかけしてます
            セナまもと私は 元気です。

    お天気の良かった土曜日 まもと 病院へ行ってきましたよ♪

          空まで まもの回復を 喜んでくれてるみたい。   きっと そうやわ♪



IMG_0070_convert_20150208055127.jpg

         病院行く前の 「ちっこ」指示に従う前に
                       セナに 何かを訴えに行く まも。

         今回の通院で わかった事。
    まも、「ちっこは?」の言葉を 理解してた事。
                出来る事、わかってた事に 気付いてなかった・・・   笑



IMG_0071_convert_20150208055155.jpg

              さぁ、病院に着いて ドキドキなまも。

   担当の先生以外なら すぐ診てもらえたんやけど
            まもが 多少なりとも慣れてる先生がいいかな?と 待つ事に。

    結構な時間待って やっとまもの番。
            (この病院 こんなじっくり診てくれるのね・・・ちょっと驚いた。)

         まもの白血球数値、基準値内になりましたっ!
    その他 全てクリア♪♪♪
  超音波も やっぱり若干 残った子宮が写ってしまうんやけど
                   健康なコが 炎症起こしてるんかな?って 程度に。
      わざわざ 飼い主に言うたり 治療したりしない範囲になりました。

      これだけ数値が良いので
             膵炎治癒確定の為に また外部への検査依頼も。

       結果は 電話で って。 わざわざ 来ささないのねぇ・・・。  いいねぇ。




IMG_0072_convert_20150208055330.jpg

          家に着いて 真っ先にセナの下へ駆け寄る まも。

                      今回の病気騒ぎで 初めて泣けてきた。




IMG_0069_convert_20150208055219.jpg IMG_0084_convert_20150208055241.jpg

                     抜糸も 完了~っ!

   ちょっと赤いのは 元気になって 跳んだり跳ねたりしてたから 攣れたんかと。

               退院直後の方が キレイなくらい。    笑



IMG_0080_convert_20150208055358.jpg

    これで 膵炎の数値が(犬膵特異的リパーゼ)
              基準値内になってれば まも嬢治癒 と なります。

        ほぼ3週間に亘り まもの事 心配してくださってありがとうございました。

         金曜日から(こんなに 笑) 見違えるように元気です。
                  食後の 謎の挙動不審も 土曜からありません。

      この急性膵炎から 慢性膵炎に移行するのか
           このまま 何事もなかったように 完全治癒するのか
                まだ心配な事も ほんのちょっぴりありますが きっと大丈夫。

        皆様に こんなご報告が出来て 私も嬉しいです。


                 これからも セナまもと私を どうぞよろしくお願いします。












IMG_0076_convert_20150208055431.jpg

    やった!やったっ やったーーーっ!

 まもが 元気♪
  きっと 治ったよ~っ!
      みんなー ありがとーっ!!!   わ~い♪♪♪





あの病院に 予約キャンセルの電話した。
もちろん 電話に出るのは 受付の方やし怒っても仕方ない。
でも、理由を聞かれたので 伝えた。
           (聞かなきゃ 言わへんつもりやった)
「様子がおかしいって言うてんのに ちっとも診ないし
  他所の病院行ったんですが 膵炎で入院する羽目になりました。
              全く信用出来なくなりましたので もう行きません。」 と。
これで お詫びか まもの事心配してくれる 電話の1本もあれば
あの病院の 危機管理、あの獣医達の心も 真っ当な所がある と思えるんやけども。
私の苦情は どこまで上がるんでしょうねぇ・・・
ま、無視やろうけども。

後から気付いたんやけど
この病院に対するクチコミが 怖ろしすぎる・・・。
誤診に不正請求 、まったく診れない獣医・・・   わぉ・・・

こんなクチコミ 「エキテン」やったら 即削除やで・・・   汗

今行ってる病院は 先生絶賛 診療姿勢絶賛 でも お高い。    

         うん。 私も 同感。    笑




コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

まも嬢、無事に抜糸おめでとう!

とにかく今までのまも嬢に戻ってくれたこと
最高の幸せだね(#^.^#)

よっしゃーーー!
本来ならなっちさんと一緒に
快気祝いでじゃばじゃば飲みたいけど
遠いから・・・仕方ない。。。v-356

今晩は、まも嬢の快気祝いで
犬小屋で一人でじゃばじゃば飲みます!
(バニちゃん・・・全くアルコール受け付けない体質)

あのガード、せれびんの事故からなのよ。
脳震盪・・・マジ焦るよぉ~!
カナブンがひっくり返って手足バタバタするでしょ?
あんな感じになったのよ゚(゚´Д`゚)゚

No title

まもちゃんよかった~~~~!!
抜糸まで無事済みましたね^^

検査結果がくるまでもう少しの心配はあるけれど
きっと大丈夫!!

No title

こんばんわ(^^)

  抜糸!! よかったですねぇ
     よかった・よかった♪

  検査結果まで ドキドキですが
    気持ちを 楽に 待ってくださいね(^-^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

わ~い。まもちゃんよかったよかった
白血球の数値下がって安心しましたね~
あとは膵炎が治癒していますように・・・♡

急性膵炎
激しい痛みと知りました
本当に痛くて仕方なくてなっちさんに訴えていたのでしょうね
いじらしい


しかし!
病院でこうも違うとは。恐ろしい話です
最初の病院
どうなっているのか
大きな病院みたいだし、悪しき噂を知らずかわいい子を連れて行く人もおおいのかと思うと、ぞっとします


本当にお疲れさまでした♪

No title

抜糸が無事に終わってよかったですね~!
とっても良い病院、良い先生に巡り会えてよかったですね。
そんな良い病院なら、アリスも診てもらいたい~~
福岡にもないんかな~そんな素敵な病院。
検査の結果も、きっと良い結果がでますように、祈ってますよ~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

抜糸無事に終わってよかった♪よかった♪
まもちゃんおつかれさま。
そしていつものまもちゃんに戻ったのね。
改めておかえり~~♪
私もめちゃくちゃ嬉しい~~\(^ー^)/

白血球の数値も下がり ひとまず安心しました。
あとは膵炎の検査の結果待ちですね。
ドキドキもんですけどまもちゃんならきっと大丈夫!!!

以前の病院へのクチコミそんなに評判悪いの!?
先にわかってたら怖くて行けないわぁ(>_<)
お詫びの電話の一本ぐらいあるんでしょうかねぇ?
無かったら獣医さんの神経疑うわっ!

ほんといい病院といい先生に巡り会えてよかったですね♪

先生も頑張ってくれたし まもちゃんもちっちゃい体なのによく頑張ったから きっといい結果が出ますよっ!

抜糸無事に終わってよかった♪よかった♪
まもちゃんおつかれさま。
そしていつものまもちゃんに戻ったのね。
改めておかえり~~♪
私もめちゃくちゃ嬉しい~~\(^ー^)/

白血球の数値も下がり ひとまず安心しました。
あとは膵炎の検査の結果待ちですね。
ドキドキもんですけどまもちゃんならきっと大丈夫!!!

以前の病院へのクチコミそんなに評判悪いの!?
先にわかってたら怖くて行けないわぁ(>_<)
お詫びの電話の一本ぐらいあるんでしょうかねぇ?
無かったら獣医さんの神経疑うわっ!

ほんといい病院といい先生に巡り会えてよかったですね♪

先生も頑張ってくれたし まもちゃんもちっちゃい体なのによく頑張ったから きっといい結果が出ますよっ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。


=きゃふさんへ=

退院祝いと言いながら
あちこち飲み歩き 今日も午前様でございました。  笑
明日はセナまもとまったりまったり♪

ご飯~って言うたら 布団から出てきてくれる幸せ
普通にうんPとちっこが出来るという事。
セナまもを引き離さなくていい という事。
それがこんなに幸せで貴重やという事。
忘れちゃいけませんよね。

え・・・ 脳震盪ってそんな感じなんですか
そりゃ焦りますよね うわぁ・・・
想像するだけで怖ろしい。私、大パニックになるんやろな・・・ うわぁ・・・



=ケリーママへ=
まも治りましたよ~
もう大丈夫ですよ!
まも、出血しないタイプやったんで
子宮蓄膿症になったのかな?
今も炎症を排出しにくい感じなんかな?
出血しない事に喜んでたけど
出血バンバンしてくれる方が排膿しやすくて
こんなに大事にならなかったかもです。
ケリタンも気をつけてあげてくださいね。



=paku mamさんへ=

コメントありがとうございます。

良かった 良かったです。
まも、治りました。 本当にまも頑張りました。
訳もわからず怖い痛い辛い思いしたと思います。

けど、良い意味で能天気なまもの事ですから
いい具合に忘れてくれると思います。
病院平気やったまもが怖がるようになっちゃったのは残念ですが。



=shunkaさんへ=

膵炎は痛いみたいですよ
子宮蓄膿症ってそんなに痛くないんですって。
もちろんまものように膿が溜まってパンパンになったら
また違うみたいですけど やっぱりたいして痛くはないんですって。
傷口も気にしないまもが辛かったんですもん
よっぽどしんどかったんやと思います。
今考えても辛く可哀相になります。

病院選びは本当に難しい。
設備、獣医がある程度揃ってるとやっぱり高額だし
でも、獣医の腕、ヒトとしてどうかなんてわかんないですし。
まもの大切な命がそんなモノに左右されるなんて。

怖ろしいけど現実です。
良い獣医だけ残ればいいのになぁ・・・



=smileママへ=

福岡なら大都市やしきっとありますよ!
セナまも地方は微妙です・・・。
今回めぐり合えた先生も別の地方の方のような。
セナまも地方の大学に獣医科が無いせいかも。
腕は手術してもらった訳じゃないからわからないけど
人間的にはかなり良い先生やと思います。
わたしの質問に全て答えた先生はあまり居ないので。
質問や疑問にも私の表情をキチンと見ながら
わかりやすく粘り強く説明してくれました。
結構若いと思うんですけどなかなか素晴らしい先生でした。
また診てもらいたい。 ちとお高いけども。   笑

あ、それとまもの扱いに愛情も感じましたよ。
コレが一番大切でしたね♪



=チワワのももママへ=

何でも結構お高い病院やけれども
抜糸は無料でした。 無料なのね・・・    笑

元通りですよーーーっ!
ご飯モリモリ セナと追いかけっこ
目が合えば尻尾ブンブン 目もキラキラ
玄関からの荷物運びも再開して一生懸命頑張ってます。
何もかも元通り 幸せです。 本当に。

まもも私も喜んでますが一番嬉しいのはたぶんセナ兄。
私は落ち着いてるし自分は置いていかれないし
普通の毎日が戻ってきて セナが一番嬉しそうです。
今もちょっと遠慮感 感じますがセナもきっと忘れてくれるでしょう。

ヒトって大きくて設備が整っててキレイな病院に惹かれるじゃないですか
風邪ひいても ひょっとしてって大学病院に行ったりしますよね?
大切なワンコですもん。
我ワンコには最高の医療をっ!ってみんな思うんでしょうね。
あの最悪な病院がどこかの大学病院やったら仕方ないんですけどね。
勉強目的の獣医やったらね。 

まもを大切に診てくれた病院も大病院なんですよ。
皮膚疾患センターも別にあるような。
他の先生も良い先生なのかな? だったらいいのにな。

あ、もちろんお詫びの電話なんかありませんからね。
無視ですよ。 無視っ! 日常茶飯事なのかもね。

No title

はじめまして
「子宮蓄膿症」「膵炎」で検索してブログを知りました。

まもちゃんの病気のブログ読ませていただきました。

実は、うちの子も10日前に子宮蓄膿症の手術をしました。
同時に2か所の乳腺腫瘍の手術をしました。

たくさん切られてしまったので
今日、やっと抜糸することができました。

腫瘍も良性でした。

ただ、手術後、4日たっても
やっぱり、震えが止まらなくて キズが痛いのかもと言われつつも 血液検査の結果、リパーゼがどんどん上がって行って。。。

膵炎になっている可能性が高いと言われました。
未だに、リパーゼは、上がり続けている状態です。

色んな不安中 ハッピーはどうなっちゃうんだろうと
毎日毎日、不安で仕方ない日々を過ごしています。

まだまだ、治療中なので 今は、ただただ、回復してくれることだけを祈っています。

元気になった まもちゃんのブログを読ませていただき
私もこの状況の負けずに頑張ろうと思えました。

ありがとうございます。

ちなみにうちのハッピーも8月1日生まれです。
(ヨーキー)

病院も3件目です。。。

先生との出会いって大切ですね。

ハッピーママさんへ

はじめまして。

それはそれは心配やったでしょうね。
だって、辛い手術が終わって
入院も終わって傷口も順調に治ってるように見えるのに
震えがいつまでも止まらないんですもんね。
私も心配と?で頭がいっぱいいっぱいになりました。
ひょっとしたら手術失敗?とか
術中 どっか別のトコ傷つけた?とか
未だに手術と入院が怖くて震えてる???とか。

もちろん膵炎も怖いんですが
それより震えて苦しんでる理由がわかってほっとしたの覚えてます。
これで何か対処してあげられるって。
私も何かしてあげられるって。
結局膵炎はなんにもしてやれないんですけどね。 けどね。

少しずつではあると思いますが
良い方にゆっくりでも進んでいく事を祈ってます。

自分のワンコの怪我や病気等
ブログには詳しく書かずに 明るいブログにしてはる方も多いんですが
私は誰かの為にと 書きました。
もちろん切除した子宮等の画像までは載せてませんが。
お役に立てて本当に良かった。
まもはとても元気です。
入院した事によってかなり甘えたになってしまいましたけども。

後、私がまものちょっとした挙動不審にびくつく様になってしまいました。
が、どんな変化にも敏感になれたと前向きに捉えています。

どうぞお大事になさってくださいね。

No title

さっそく、お返事ありがとうございます。
私も、手術中にどこかを傷つけたんじゃないか

実は、去年の1月にも子宮蓄膿症になって
最初の病院(個人病院)では、小さいし年齢も11歳と高齢なので
手術に耐えられない可能性があると言われて

手術をしないで治すという選択をしました。

その時は、抗生物質で 取りあえず
血液検査の値は、正常値になったので一安心しました。

でも、今年の7月に再発。
その病院では、手術をしないと選択をしたので
血液検査をしただけでした。

その時は、そんなにひどい数値じゃなかったのでそのままに。

その後も、心配なことがあり(乳腺腫瘍など)
相談に行っても、手術をしないのだから
会えて色んな事を調べても 何もできないと言われ
ちょっとしたことに病院に来る私を明らかに嫌がっている様子が(苦笑)

9月になり、ぐったりし始めたので
意を決して他の病院へ転院。
そこでも手術を勧めらましたが 手術をして死んでしまう可能性も大きいと言われ 
内科的治療としてできることということで、
アリジンという子宮蓄膿症の治療の注射をしたのですが
そこから、どんどん様子がおかしくなり

ぐったりし始めました。
そこで、今の病院に夜中に連れて行き
手術をすることになりました。

そんな経緯から
手術をすることを選択した私が悪かったのかな?
手術中に傷ついてしまったのかなとか
本当に悩み自分を責めていました。

膵炎も怖い病気だとは聞いていたので
(以前、飼っていたワンちゃんが、急性膵炎で亡くなったので)
膵炎の治療についても色々と調べました。

先生に聞いても
絶食と食事療法が治療と言われました。

昨日やっと静脈点滴が、はずれ
(お昼は、私と一緒に病院に詰めて 12時間点滴をしてました)
輸液点滴に変わり やっと、一日中家で過ごすことができるようになりました。(退院)

今日は、随分元気になりました。

ブログを見つけて 読ませていただき 
こうやって色んな事を書かせていただくことで
随分、心が落ち着いています。


まもちゃんが、元気になられていることが
今の私には、とても心強いです。

ありがとうございます。
プロフィール

なっち!!!

Author:なっち!!!
関西在中
犬好き 酒好き 美味いの好き
いつでもどこでも何ぼでも寝れる♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


♂セナ王子♂
レッド&ホワイト 
2007年6月14日生まれ
体重 2.7キロ 
ヒトもワンコも大好き
愛想良し 度胸満点♪
気難しくて プライドが高い


♀まも嬢♀
ブラックタン&ホワイト
2008年8月1日生まれ
体重 3.1キロ
ちょっとビビリ
運動神経抜群で食いしん坊
セナ兄大好き♪


♪リンクフリーです
     ご自由にどうぞ♪

最新記事
カテゴリ
ランキング
参加してます。よろしくお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
月別アーカイブ